マンゴーかぶれ - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → かぶれの種類 マンゴーかぶれ

マンゴーかぶれ

マンゴーでかぶれることなんてあるのか?と思う方もいらっしゃると思いますが、マンゴーはうるしの仲間で、かぶれを引き起こす成分のカルドールが果皮と果肉に少量ですが含まれています。

うるし科の植物になりますので、ウルシオールを持っているので、人によってはうるしかぶれと同じ症状を起こします。以前、うるしに触れてかぶれを起こしたことがある人は、マンゴーでも高確率でかぶれを起こすことがありますので注意が必要です。

食べることによって症状が起こる場合が多く、顔面や特に口の周りに症状が出やすく、赤く腫れて小さな水疱ができ、強い傷みを伴います。始めは少しヒリヒリするぐらいですが、次第に赤く腫れ始め、痛みが出てくるようになります。マンゴーを食べて少しでも違和感がある場合は、すぐに食べるのを止めるようにしてください。

食べる前に肌に当ててみるのもお勧めです。そこで赤くなったりした場合はアレルギー反応を起こしているということになりますので、食べるのは控えた方が良いかもしれません。

急に口の周りが腫れ出して痒いという場合は、マンゴーでかぶれた可能性がありますので早めに皮膚科の診断を受けましょう。一度アレルギーを起こすとさらに敏感になりますので、市販薬による自己診断はお勧めできません。

マンゴーによるかぶれはアレルギー反応によるものなので、ステロイド薬が有効となります。短期間の使用で構いませんので、副作用の心配などをする必要もほとんどありませんが、ステロイド剤を使用するときは必ず医師の指示の元で行いましょう。


かぶれの種類