副腎皮質皮質ホルモン剤 - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → 治療薬 副腎皮質皮質ホルモン

副腎皮質皮質ホルモン

副腎皮質皮質ホルモン剤とは、ステロイド剤として広く知られているホルモンを成分にした薬品です。

副腎皮質からごく微量に分泌されているホルモンの働きを化学的に合成した薬の総称で、炎症を強力に抑える効果や体内の抵抗力を高めるなどの作用があります。つまり、ステロイドというのはホルモンの一種であると言えます。

副腎皮質皮質ホルモン剤には内服薬、ステロイド外用薬、吸引ステロイド、点滴、座薬、点眼薬など様々な形態が存在し、処方薬以外にも市販薬としても販売されています。この副腎皮質皮質ホルモンは現在、かぶれなどを始めとする様々な皮膚疾患の治療に使われています。

ステロイドは抗炎症作用が非常に強いためとても効果があり、副腎皮質ホルモンを使用することでかぶれなどの症状もすぐに治まることが多いですが、炎症を抑える作用があるだけで、治癒させるための薬ではありません。

非常に効能が高い半面で副作用も非常に大きく、使用にあたっては慎重に判断する必要があります。また、継続的に服用していると体内の副腎皮質ホルモン濃度が十分な状態となりますので、副腎は機能を休止した状態になります。

ここで薬剤の服用を減量したり中止すると、副腎皮質ホルモンの血中濃度が急に低下してしまい、非常に危険な状態に陥ります。服用はもちろん、使用の中断も自己判断では非常に危険です。副腎皮質皮質ホルモンを使用する場合は、医師の指示に従って正しく使用するようにしましょう。


治療薬

アングリッド
アングリッドならチョコアで!