アレルギー性皮膚炎 - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → かぶれの基礎知識 アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎

アレルギーによる皮膚トラブルは、蕁麻疹、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎が3大症状であると言われています。アレルギー性皮膚炎はその3大症状の1つで、接触皮膚炎になります。

アレルギー性接触皮膚炎は名前の通り、何かに接触した際にアレルギーを起こしてできる湿疹になります。アレルギー性接触皮膚炎の症状を引き起こす原因になるものは、生活している上で至るところに存在します。ですが、アレルギー反応の出やすさや原因になる物質には個人差がとてもあります。

その中でも特に多い原因は、植物(ウルシ、ギンナンなど)、金属(ピアス、指輪など)、各種薬剤などが何度も接触し、結果的に反応することで生じる皮膚炎です。原因物質が繰り返し皮膚に触れているうちに炎症を起こし、アレルギー体質のある特定の人にだけ起こります。

症状は一時的刺激性皮膚炎と同様に、発赤、腫賑、丘疹、小水疱が主で、激しい掻痒感が伴います。初めは痒みとともに紅班が表れ、触れたものの毒性が弱い場合はこの程度で済みますが、強いと丘疹や大小の水疱が表れます。場合によっては、その部分に痛みや熱を生じることもあります。

やがて水疱が潰れて汁が出たり、化膿してのう胞を作ったりしますが、次第に乾燥して治っていきます。一番の対処法は、原因となるアレルギーに触れないということですが、原因となるものを特定することが難しいこともありますので、注意が必要です。

アレルギー性皮膚炎を起こす原因となるものがはっきりとわかっている場合は、市販されている医薬品を使用しても簡単に治療をすることができますが、購入の際は必ず薬剤師の指示に従うようにしましょう。


かぶれの基礎知識

便利屋 岐阜
便利屋を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

事務服 ベストスーツ
事務服のベストスーツなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!