外用薬皮膚炎 - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → 様々な皮膚炎 外用薬皮膚炎

外用薬皮膚炎

外用薬皮膚炎とは、外用薬品によって起こる皮膚炎になります。外用薬皮膚炎を起こす方というのはとても多く、1週間に1人ぐらい新しい患者さんが増えています。

外用薬品は薬剤を配合されたものが多く、人によってかぶれを起こすことも少なくありません。市販薬でも同じことが言えます。市販薬は数種類の薬剤を配合していることが多いので、肌が敏感な方は使用の際には注意する必要があります。

特に、鎮痛消炎の塗布薬と湿布薬に多く見られます。湿布薬でかぶれたことを湿布薬皮膚炎とも言います。鎮痛消炎の外用薬によって、日光過敏が強くなって薬物性日光皮膚炎を起こすこともあります。皮膚の弱い人、弱くなくても長時間張ったり、汗を掻いたりするとかぶれを起こしてしまうことがありますので、その際は貼る時間を短めにするなど対処します。

また、ニキビの治療薬は硫黄を含んでいますので、稀にかぶれることがあります。外用薬皮膚炎は、皮膚に接触した色々なものが原因で発生した湿疹である接触性皮膚炎の1つでもありますので、その治療方法は接触性皮膚炎とほとんど同じになります。

ステロイド剤が用いらることが多いですが、何度も再発をしている場合はかぶれを起こす原因となっている外用薬品を見つけ出す必要があります。その際は、パッチテストを行うことになります。

原因がはっきりしている場合は、その物質を避けるようにしましょう。そうすることで再発を防ぐことが出来ます。


様々な皮膚炎

ナースシューズ かわいい
可愛いナースシューズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://sendai.kingindou.com/


フルーラ ラムネ
http://www.masatoya.net/ww_2781.html

ティアモ カラコン
ティアモのカラコンをお考えの方に朗報です!