自家感作性皮膚炎 - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → 様々な皮膚炎 自家感作性皮膚炎

自家感作性皮膚炎

自家感作性皮膚炎とは、接触皮膚炎や貨幣状湿疹などが治りきらず、悪化拡大した時に発症する皮膚炎です。体の一部に強い皮膚炎が発症した後、しばらくしてからその発疹の周囲から全身に小さくて細かい丘疹(きゅうしん)が出現します。

激しい痒みを伴い、症状がひどい場合は紅斑や水泡が全身に伝染する場合もあります。急性皮膚炎に併発した細菌感染が誘因になることもあります。

原因としては、湿疹によって変性した皮膚たんぱくが抗原となり、アレルギー反応を起こすと考えられています。接触皮膚炎や貨幣状皮膚炎など、急性の皮膚炎が悪化したりすることも原因であると言われています。

始めの頃はじくじくしたような原発巣が出てきます。それから1日〜数週間後にその周囲や顔、体幹など、全身に丘疹が多発するようになります。丘疹の大きさは1ミリほどと小さいですが、全身に現れるので激しい痒みを伴います。

しかし、掻き毟ってしまうと掻いたところに新しい散布疹が出てきたりして、症状が悪化してしまいますので掻かないように気をつけてください。ひどい時は細かい布疹が融合して、大きくなったり水ぶくれになったりもします。

水ぼうそうと少し症状が似ていますが、水ぼうそうの場合は熱などが出ますので、そのあたりの違いで判断するようにしましょう。治療には、ステロイド外用薬を使用します。痒みがひどい時は抗ヒスタミン薬を内服することもあります。

自家感作性皮膚炎は全身に症状が出て強い痒みを伴いますので、痒みを我慢することが難しいため、このような症状が出た時はすぐに皮膚科に行って薬をもらうようにしましょう。


様々な皮膚炎

白衣 購入
白衣の購入なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!