化粧品皮膚炎 - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → 様々な皮膚炎 化粧品皮膚炎

化粧品皮膚炎

化粧品皮膚炎は化粧かぶれとも言い、化粧品の使用部位に赤みや痒みを生じたり、その化粧品に替えたことによってニキビができたりなどの症状を起こす皮膚炎になります。

初めて何らかの化粧品を使用した時に赤くなったり、痒みが出たりしたらその化粧品によるかぶれだということがすぐにわかりますが、使い始めた時は何もなくても、しばらく使用しているうちに皮膚が荒れたりすることもあります。そのような場合は、化粧品に含まれている成分にアレルギー症状が出ているということがあります。

化粧をした時には、異常が無いのに日光に当たると化粧した部分が赤くなるといった、光線によって誘発される場合もあります。化粧品を使用した部位に赤みや痒みが出たり、化粧品を変えて突然ニキビが出たりするようなことがあれば、化粧品皮膚炎を疑うようにしましょう。

化粧品が自分の肌に合わないと感じながらもずっと使用していると悪化してしまうので、異常を感じたらすぐに使用を止めましょう。また、誤った使用をしている場合も皮膚を痛めてしまうことがありますので、注意するようにしましょう。

特に人より肌が弱いと感じる時は、パッチテストをしてから使用することをお勧めします。パッチテストは自分の肌の一部分に対象となる物質を長時間塗布し、異常がないかどうかを検査するものです。皮膚科に行くと検査をしてもらうことが出来ますので、異常を感じた時はすぐに皮膚科に行くことをお勧めします。

異常が見られた時には、その化粧品に対してアレルギー反応を起こすので使用は避けるようにしましょう。


様々な皮膚炎

http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/
トランクルーム 大阪市で探しています

チワワ ブリーダードイツポインター 福岡の
http://rosegarden8787.com/