接触抗原とは? - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → その他 接触抗原とは?

接触抗原とは?

外からの色々な物質が皮膚に作用して、その物質に対して皮膚が敏感に反応するようになると、次に同じ物質が皮膚に接触した時にアレルギー反応を起こすようになります。その結果、湿疹などが出て肌に炎症が起こります。これをかぶれまたは接触性皮膚炎と言います。

そして、肌にかぶれなどの症状を引き起こす外的な物質を「接触抗原」と言います。接触抗原は皮膚に触れるものなら何でもその可能性があり、化粧品、衣類、医薬品、金属、動物や植物、工業製品、生活上のすべてがそれに当たります。

日常生活で使用するものも含まれていますので、症状が出た場合はきちんと診察をして、パッチテストの検査をして原因となっている接触抗原を調べる必要があります。パッチテストは、原因と考えられる物質を小さなディスクを用いて背中の皮膚に貼り、数時間後に湿疹の反応がないかどうかを判定するテストになります。

反応の強さにはいくつかの種類があり、反応なし、かすかな紅斑、紅斑、紅斑浮腫および浮腫、水泡、丘疹の順番で判定されることになります。接触抗原というのは、一度物質にアレルギー反応を起こして敏感になってしまうと、次にその物質が肌に触れる度に肌トラブルを引き起こしてしまい、ほとんど治ることはありません。そのため、何が原因となっているのか調べる必要があるのです。

接触の抗原が明らかになったら、今後はそれを避けるように心がけましょう。そうすることで、アレルギー反応が出るのを防ぐことができるでしょう。


その他

事務服 オーバーブラウス
事務服のオーバーブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

三軒茶屋の歯医者
インプラント・ホワイトニング・抜歯・差し歯なら『コイズミデンタルオフィス』