金属アレルギー - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → その他 金属アレルギー

金属アレルギー

金属アレルギーとは、普段身に着けているアクセサリーや日用品に使われている金属が、汗や体液でわずかながら溶けてイオン化した金属が体内に入り、次に同じ金属が接触すると拒絶反応を起こす皮膚炎になります。

指輪などは指の厚い表皮に阻まれて金属が体内に入りにくいのですが、ピアスは皮膚を貫いて皮下組織に直接金属が接するため、拒絶反応を起こしやすいと言われています。直接金属が触れる部分にかぶれや痒みなどの症状が表れます。

アレルギーを起こしやすい金属は、溶け出しやすい金属かどうかによります。ニッケルやコバルトなどの低品度とされる金属ほど起こしやすいとされています。以下はアレルギーを起こしやすい金属の順位になります。

@ニッケル
Aコバルト
Bクロム・亜鉛
Cマンガン
D胴・銀
Eプラチナ
F金・チタン

身体に本来あってはならない物質の新入を拒否することで、金属アレルギーの症状は起こります。一度その異物が記憶されてしまうと、次に少量の原因物質が接触した時でも拒否を起こし炎症を起こしますので、一度金属アレルギーを起こすとほとんどの場合は治らないと言われています。そのため金属アレルギーがある方は、原因となる物質を身体に付けないようにしましょう。

金属アレルギーはパッチテストで検査することが出来ます。検査薬は、金、銀、ニッケル、クロム、コバルトなどになります。保険が効くため、1,000円以内で検査をすることが出来ます。値段も手ごろになりますので、どの金属が原因で炎症を起こしているかわからないという方は、一度病院でパッチテストを受けてみるようにしましょう。


その他