植物によるかぶれ - かぶれ基礎知識.com
かぶれ基礎知識.com TOP → その他 植物によるかぶれ

植物によるかぶれ

植物によるかぶれは接触性皮膚炎の一つと言われ、最初は何も起こらなくても繰り返し接することで、徐々に発生してくる場合が多く見られます。植物かぶれではうるしが有名ですが、その他にもイチョウの実や銀杏などがあります。

うるしでかぶれるという方は、イチョウの木などでもかぶれる可能性が高いので注意が必要です。始めの頃は赤い湿疹が現れ、その後異常な痒みを伴い、ジュクジュクした状態で広がっていくことが特徴になります。

植物でかぶれないためには、原因となる植物に触れないことが一番になります。そのため、出来るだけかぶれを起こす植物には近づかないようにしてください。山歩きやガーデニング等、直物に近づかなくてはならない場合は出来るだけ長袖、長ズボン、靴下や手袋を着用し、肌がかぶれの原因となる直接植物に触れることを避けるようにしましょう。

ハゼやキクなどでもかぶれを起こすことがあり、過敏な人ですと植物に触れた雨などの水滴が触れるだけでかぶれを起こす方もいます。うるしは接触性のものではなくアレルギー性の皮膚炎のため、通常より症状が長引く傾向がありますので、うるしによってかぶれを起こした場合はすぐに皮膚科へ行くことをお勧めします。

例えば、子供が外で遊んで帰ってきた時にかぶれを起こしていたという場合は植物によるかぶれの可能性がありますので、病院で何が原因なのか診察してもらうようにしましょう。治療が必要な場合は、通常は抗ヒスタミン剤やステロイドを短期間使用することになります。


その他

マクロファージ 活性化
http://store.shopping.yahoo.co.jp/nourinn/macro1.html

ブラジリアンワックス
ブラジリアンワックスなら安心の日本製、専門サロンの無添加ワックスで!

http://www.amharcalainn.com/
http://www.amharcalainn.com/